見積管理

一度作成した見積データを、コピー編集する事により、新たな見積をスピーディーに作成することができます。

EXCEL等で作成した見積書は個人の管理になってしまい、全社的に統一しにくいものですが、全社的な統一をはかれば、管理者のチェックが容易になります。

また、見積作成者にとっても、他の担当者の作成した見積データを引用でき、全社的な効率化が実現します。

見積管理

履歴参照入力

見積作成中に売上履歴ダイアログを呼び出せます。
そのまま引用入力が可能ですので、過去の価格や数量をチェックしながら、素早い見積作成が可能です。

履歴呼出

見積検索

見積は担当者、得意先、見積区分等で一覧表示されます。また見積タイトルを文字列検索することも可能です。

見積データが累積してくると、過去の見積を探すのも一苦労するものですが、検索機能を利用することで、時間短縮が図れます。

見積検索

受注・売上への転送

成約した見積データはそのまま受注データや売上データに転送できます。

見積転送